忍者ブログ

教えてあげる!法律にいさん

日常で起きる身近なトラブルの実例紹介やニュースまとめ、そして予防・解決のための情報を発信していきます。

05/31

Sun

2020

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

10/07

Wed

2015

<仙台いじめ自殺>生徒 悲しみと怒りと

1年前に「転校した」はずの男子生徒が、実はいじめを苦に自ら命を絶っていた。
6日午前、初めて事実を知らされた館中の生徒たちの間に「悲しみ」「怒り」「戸惑い」など、さまざまな感情が渦巻いた。

 
【弁護士をミカタにする保険】


菅原光博校長が臨時の全校集会で、いじめを苦に男子生徒が自殺した事実を初めて告げ、謝罪した。
同学年の男子生徒は「とても悲しい気持ちになった」と落ち込んだ様子で話した。


10/06

Tue

2015

死亡事故で運転手に逆転無罪 「自転車が赤信号で横断」

兵庫県高砂市で2013年6月、横断歩道を自転車で渡っていた男性をはねて死亡させたとして、自動車運転過失致死罪(当時)に問われた男性被告(78)の控訴審判決が19日、大阪高裁であった。
  
【弁護士をミカタにする保険】
 

並木正男裁判長は「自転車側が赤信号で横断した」と認定し、一審・加古川簡裁の有罪判決(罰金30万円)を破棄して逆転無罪を言い渡した。


10/03

Sat

2015

一日中立つ「シュレッダー係」に異動、「アリさんマークの引越社」訴えた裁判始まる

アリさんマークで知られる「引越社」のグループ会社「引越社関東」で、営業職として働いていた男性社員(34)が、労働組合に加入したことをきっかけに、「追い出し部屋」への異動を命じられたとして、命令の無効などを求めて同社を提訴した。
 
 
【弁護士をミカタにする保険】
 

第1回口頭弁論が9月30日、東京地裁で開かれ、男性本人が意見陳述をおこなった。


10/01

Thu

2015

母親驚愕「息子の自転車事故の賠償金9500万円」の“明細”は…

当時小学校5年生だった少年(15)が乗った自転車と歩行者との衝突事故をめぐる損害賠償訴訟で、神戸地裁は、少年の母親(40)に約9500万円という高額賠償を命じた。
5年近く前に被害に遭った女性(67)は、事故の影響で今も寝たきりで意識が戻らない状態が続いているだけに、専門家は高額賠償を「妥当」と評価する。
ただ、子を持つ親にとって、1億円近い賠償を命じた今回の判決は、驚愕でもあり注目を集める。
9500万円の内訳はどうなっているのか。

【弁護士をミカタにする保険】
 

一方で、保険加入義務がない自転車の事故をめぐっては、高額な賠償命令が出されるケースも多く、自己破産に至る例も少なくないという。
こうした中、自転車の保険制度拡充を目指した動きも出始めている。


---スポンサードリンク---









PR

スポンサードリンク



忍者カウンター

スポンサードリンク






Copyright © 教えてあげる!法律にいさん : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]