忍者ブログ

教えてあげる!法律にいさん

日常で起きる身近なトラブルの実例紹介やニュースまとめ、そして予防・解決のための情報を発信していきます。

10/23

Mon

2017

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

08/16

Sun

2015

熟年離婚、婚活トラブル

近年増え続けている熟年離婚。金の切れ目が縁の切れ目と言いますが、今では縁が切れてもお金の問題がついて回るようです。離婚・再婚前に考えるべき問題を認識しましょう。

 
熟年再婚3大トラブル

2008年に始まった年金分割制度によって熟年層に離婚ブームが定着してきた。熟年離婚の壁は老後のお金。年金分割制度によって夫が貰うはずの厚生年金や共済年金が最大半分手に入れる事が可能となりました。(※日本年金機構の定める受給要件を満たした場合分割されるのは婚姻期間中の保険料納付実績で、婚姻期間によって受給額が異なる)

これが熟年離婚に悩む女性を後押しし、熟年離婚したくても経済的な理由で難しかった方がこの制度によって離婚しやすくなった。これに伴い熟年の方からの離婚相談が増えている。


離婚しやすい環境が整った事で増えているのが、熟年再婚。シニア層の再婚数は20年で約3倍! 40代50代限定お見合いパーティーが人気になったが、それに伴い再婚に関するトラブルも増加しているように思える。

熟年再婚ブームにも落とし穴があり、遺産、年金、介護の3大トラブルがある。新しいパートナーと新しい人生を歩むのは素晴らしい事だが、一方再婚によって起こりうる事を十分理解しておかないと後で大きなトラブルになる可能性がある。

実際に起きた例を元に3大トラブルを提示。

日本テレビ 『あのニュースで得する人損する人』より

その① 遺産のトラブル

相続権を巡り骨肉の争い。夫の遺産は元々離婚相手との実の子に入る予定だった。しかし再婚相手が現れた為遺産は再婚相手に渡る事となった。それを不満に思った子供はキレ、再婚相手を離婚させようと悪質な嫌がらせをする様になった。

元妻に一切渡らず、新妻に半分持っていかれるという意味で良く思わない。元妻の差し金で子供が動くケースも増えている。人によっては再婚して幸せに暮らす人もいるかもしれないが、場合によっては再婚が失敗になる。

その② 年金のトラブル

死別後の再婚で遺族年金は打ち切り。一家の大黒柱に万が一の事が起こった時遺族に支払われる公的年金制度。(※日本年金機構の定める受給要件を満たした場合)

しかし再婚してしまうと受給資格がなくなってしまう。実は、遺族年金が再婚によって打ち切られる事を知らない方も多い。仮に再婚相手と離婚をしたとしても復活もしない。(※厚生年金に加入し子供が1人いる等 国民年金受給要件を満たす場合)

遺族年金は月15万円程度ももらえるケースがあるので、その場合打ち切られるとかなり大きなダメージになる。

その③ 介護のトラブル

熟年再婚の場合相手側が他界した後に親族との間で相続トラブルが泥沼化するケースが多い。しかも仲良くしていた親族であっても豹変するケースが凄く多い。トラブルを防止するという意味で遺言書は作っておいて頂きたい。

結婚する前に『親の介護をどうするか』『介護保険料をちゃんと払っているか』話し合っておく必要がある。そうでないと、こんなはずじゃなかった、だったら結婚しなければよかったとなりかねない。自分の親は自分で見る別居婚スタイルをとる方もいる。


再婚が決まっても浮かれてはいけない。
浮気中の妻と鉢合わせするいわゆる“矢口真里現象”がきっかけなのか、『妻の浮気を疑う旦那』が急増。
今までは外で働く夫の浮気を妻が疑う、というのが大半だったが、現在は男女が全く逆のパターンもある。



【弁護士をミカタにする保険】

---スポンサードリンク---









Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード
PR

スポンサードリンク



忍者カウンター

スポンサードリンク






Copyright © 教えてあげる!法律にいさん : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]